酒とタバコ

酒は少量なら体にいい、特にワインとかは心臓とかにいいと言われる。
しかし全体的には出来れば飲まない方がいろいろとリスクは減らせるとも言える。
タバコは確実に体に悪い。しかし酒よりはましな点もいくつかある。
両者のいい所と悪いところをリストアップしてみよう。

体への影響…  酒 △   タバコ ×
    
脳への影響…  酒 ×   タバコ △ 

車の運転…   酒 ×   タバコ ○

火事の危険性… 酒 ○   タバコ ×

対人イメージ… 酒 ×   タバコ ×

と言ったところだろうか。
もっとも体への影響では酒は消化器系、糖尿などであるのに対してタバコは呼吸器、循環器であるのでなかなかどっちとは言えない。電子タバコなら(もうタバコではないかもしれないが)火事の危険性は少ない。
また酒は確かに頭がバカになるきらいはあるが、人間に世渡りで要求されるのは「悪い思考を追わない能力」であり、これはいい意味でバカにならなければならないとも言える。実際酒である程度怒りとか忘れる事ができる。 
対人イメージに関しては本当は何とも言えないが、飲んだくれもタバコくさい人も嫌われるだろうということにした。
タバコの酒より確実に良いところはやはり「脳にはあまり来ない」ところだろう。車の運転は確実にできる。特に精神が弱いタイプの人にはこの事実を認識することは重要である。小谷野敦は「タバコは吸うけど酒は飲まない。酒で大成出来なかった学者は多い。」と言っていたような気がする。